オールドPENTAXカメラの個人博物館が来週オープン!

朝からの小雨が午後には上がりましたが散歩は休み、PCのストレージ内の写真等の整理やバックアップの見直しなどをしました。

従って、今日は少し脱線して、カメラの話題にしたいと思います。


現在は休止状態ですが、私の趣味の一つに古PENTAXカメラの「レストア」があるという記事は既に書きました
数年前、縁があって何台かの古PENTAXカメラの修理をお手伝いしたコレクターの方が、この度、長年かかって収集した古カメラを展示する私設の博物館を、3月15日にオープンするというご連絡を頂きました。
今日は、このカメラ博物館についてご紹介したいと思います。

館主の増野さんは、現在栃木県の茂木町在住ですが、嘗ては同県の益子町にも事業所のあった旭光学工業㈱(ペンタックス㈱の前身、現リコーイメージング㈱)に勤務され、その後もPENTAXと共に過ごしてこられたかたです。
同社はご承知の通り、日本初の一眼レフカメラ「アサヒフレックスⅠ」、世界初のフラッシュ内蔵オートフォーカス一眼レフカメラ「SFX」を発売するなど、高い技術開発力を誇っていた会社です。
高校1年の時にお父さんにPENTAX SPを買っていただいた時以来の、名実共にPENTAX党でいらっしゃいます。

在勤中から長年掛かって収集した古カメラはPENTAXを中心に約1,800台、写真集は5,000冊あまりとのことで、全てを展示してはおられないようですが、収集の規模は個人コレクターとしての枠を遙かに超えています。
自前の展示館を持ち、皆さんに見ていただくということは長年の夢で、既に悠々自適の現在、夢を実現するためにオープンに踏み切ったとのことです。
今回の博物館のオープンに先立ち昨年、同地に写真集を中心とした展示場「写真はうす」をオープンしており、今回はカメラを中心とした展示場「カメラ博物館」のオープンにも漕ぎ着けたもののようです。
また、自身も写真を写され、’72、’75、’77年には個展も開いた実績もお持ちです。

概要は下記の通りです。

展示場名:「カメラ博物館」および「写真はうす」
所在地:〒321-3707 栃木県芳賀郡茂木町小深101-2
館 主:増野 茂さん
開館の時間帯や休館日など:
  時 間:10時~17時
  入館料:無料
  休館日:特に定めなし。
    但し、不在の日もあるので来館する時は、必ず事前に電話で確認して下さい。
    電話番号:0285-61-1650

その他:3月15日のオープンに先立ち、ブログ「アサヒ ペンタックス Sシリーズカメラ博物館」に訪問記事が紹介されています。

今回のカメラ博物館オープンに先立ち、昨年開いた写真集中心の「写真はうす」の内部です(レイアウト等は変わっている可能性があります)。
e0293921_1838291.jpg
3月15日開館予定の「カメラ博物館」の内部
e0293921_18381319.jpg
【追記】
インターネットで検索したところ、下記のブログにも紹介されていました。
Naokiの居酒屋日記
尚、3月20日発売の月刊誌「日本カメラ」にも紹介記事が載るようです。


最後まで、ご閲覧頂きましてありがとうございました。
2つのブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので、お帰りの時に下記2つのバナーを”ポチリ・ポチリ”とクリックして、応援いただければ幸甚です。



鳥写真 ブログランキング
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村ランキング
[PR]
by Musashinosampo | 2015-03-08 18:49 | 写真機のレストア | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://msampo.exblog.jp/tb/22862890
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 梅の花とメジロ セグロセキレイ、眼が出るか? >>