CANONカメラ用「改造AF装置」について(2)

本日2回目の更新です。

先に、CANONレンズの全玉を外した「CANON用改造AF装置」とBORGとの接続方法として、「鏡胴にボール紙を巻き付ける方法」をご紹介いたしましたが、BORGのパーツを使用した「もう少しスマートな方法」がありましたのでご紹介いたします。

CANONカメラ用「改造AF装置」とBORGとの接続方法

使用するパーツは次の通りです。
 80φ鏡筒 (7025又は7050)
 M57→M75AD (7680)
 M77.6→M68.8AD (7801)
 M68.8→65φAD (7865)
  注):()内はBORGの部品番号

(1)レンズ鏡筒へM68.8→65φAD (7865)をセットします。
M68.8→65φAD (7865)には、固定用ねじ穴が3個ありますが、付属している専用ネジは2本しかありません。
従って、鏡芯調整の問題もありますので、4x4mmのフォローセット(いもネジ)を別途3本入手して使用しました。
また、鏡筒がプラスチック製の場合、締め過ぎると鏡筒が変形してフォーカシングに問題(動かなくなる)が生じますので、注意が必要です。
e0293921_2122164.jpg
(2)M68.8→65φAD (7865)に M77.6→M68.8AD (7801)を介して80φ鏡筒(必要に応じて7025か7050)を接続します。
合焦動作時にインナー鏡胴に取り付けたACクローズアップレンズが、 M57→M75AD (7680)や対物レンズ側に接続する部品と干渉するのを避けるためには、少なくとも80φL25mm鏡筒 (7025) 以上の長さの鏡筒との接続が必須です。
e0293921_1763775.jpg
80φL25mm鏡筒 (7025) を接続した例ですが、鏡筒には偽装を施しています。
e0293921_2123683.jpg
(3)更に、80φ鏡筒に M57→M75AD (7680) を接続すると、M57/60延長筒等の接続が可能になります。
e0293921_21222836.jpg

e0293921_21234799.jpg

e0293921_2123671.jpg

e0293921_21242364.jpg
以上、接続の例をご紹介いたしましたが、フォローアップは出来ませんので、あくまでも自己責任でお願いいたします。

最後まで、ご閲覧頂きましてありがとうございました。
2つのブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので、下記2つのバナーを1日に一度”ポチリ・ポチリ”と、クリックしていただければ幸甚です。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村ランキング


鳥写真 ブログランキング
[PR]
by Musashinosampo | 2013-12-12 21:34 | 撮影装置 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://msampo.exblog.jp/tb/21443801
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< レストラン「柿の実」の客、ヒヨ... モズ、やっと♂が撮れたが・・・ >>