マガモ紛いのエクリプス、その後(2)

マガモのエクリプスは北国の繁殖地でなければ中々観察できないのですが、黒目川や落合川には留鳥としてマガモの交雑種(マガモ紛い)が生息しているので容易に観察できます。
前回は8月16日にご紹介いたしましたが、今日はその後についてご紹介いたします。
画像は9月17日のものですが、どうやらそろそろエクリプスが終わりかけて、本来の♂の羽毛に戻り始めた様な気配です。
嘴が黄色く、頭部が黒緑っぽいのが♂のエクリプスです。
e0293921_11332622.jpg
e0293921_11333146.jpg
e0293921_11334626.jpg
e0293921_11335266.jpg
何れも、BORG 50FL(37mm絞り)+新改造AF(AC№4)+EOS7Dにて撮影

最後まで、ご閲覧頂きましてありがとうございました。
2つのブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので、下記2つのバナーを1日に一度”ポチリ・ポチリ”と、クリックしていただければ幸甚です。



鳥写真 ブログランキング

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村ランキング
[PR]
by Musashinosampo | 2013-09-22 21:00 | カモ類 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://msampo.exblog.jp/tb/21092097
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 共存、カワセミとトンボ 丸長葉水葵とツマグロヒョウモン >>