カワセミ、テレコンを付けて撮ってみました

現在使用しているEOS用改造AFシステムは簡易絞りやクローズアップレンズの微調整などで、かなり画質(解像度の低下)が改善されてきました。
これまで、画質の問題から1.4X TELEPLUSを外して使用してきましたが、戻すことが出来るかどうか確認してみました。
結果は矢張り画質が低下するが、飛びもの撮り用として何とか許容範囲かなと思います。
暫く使用してみたいと思っています。
e0293921_22134996.jpg
枯れススキの間から狙った画像です。
前景に枯れススキがボケて入っています。
e0293921_22134952.jpg
e0293921_2214939.jpg
テレコンバーターはCanonレンズ用には純正の1.4X EXTENDERがありますが、改造に使用した35-80mmレンズには構造的に使用できません。
従って、Kenkoの1.4X TELEPLUS PRO 300を使用しています。

何れも、BORG 50FL(37mm絞り)+改造AF(AC№4)+1.4X TELEPLUS+EOS7Dにて撮影
[PR]
by Musashinosampo | 2013-02-23 22:26 | 撮影装置 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://msampo.exblog.jp/tb/19844625
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< エナガ、追い掛けるのが大変です 梅にメジロ、リベンジ >>