カワセミ、初夏に降る細かい雨は「なに雨」?

昨日から一転して日中の最高気温が20℃前後と、少し寒いくらいの時々小雨がぱらつく天気でした(約5,600歩)。

落合川の上流部で1時間ほど待機しましたが、その間一度だけ♂のカワセミがやってきました。
しかし暗くてSSが上がらず、アップ出来るような画像を得ることは出来ませんでした。
仕方が無いのでカワセミポイントへ移動して暫く待機していると、幼鳥が出て来てくれました。

相変わらず暗く、おまけに「こぬか雨」とでも言うのでしょうか、細かい雨がぱらつき出しました。
後で調べたら、こぬか雨は春で、霧雨(きりさめ)は秋の季語とのこと、それでは初夏の細かい雨は何というのでしょうか?

細かい雨が画面にも写っており、足下では蓮の花が咲いています。
e0293921_2135527.jpg
e0293921_2136359.jpg
e0293921_21362147.jpg
e0293921_2137268.jpg
e0293921_21372064.jpg
e0293921_2137324.jpg
何れも、PENTAX(300mm+K-3Ⅱ)にて撮影。

最後まで、ご閲覧頂きましてありがとうございました。
2つのブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので、お帰りの時に下記2つのバナーを”ポチリ・ポチリ”とクリックして、応援いただければ幸甚です。



鳥写真 ブログランキング
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村ランキング
[PR]
by Musashinosampo | 2016-07-05 21:42 | カワセミ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://msampo.exblog.jp/tb/24507707
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< カワセミの水浴びダイブ(9) 何やらご不満の様子のスズメさん >>