カワセミの給餌について

現在、落合川のカワセミの一番子は、既に親元を離れて独り立ちした生活を送っています。
カワセミの雛は巣立ちをした後、1週間ほどは親から給餌を受けますが、ある日を境にして親鳥から給餌終了のキツイ宣告を受けて追い出され、否応なしに独り立ちを迫られます。
外から見るとある日突然に・・・と見えるかもしれませんが、それまでにはそれなりのプロセスがある様です。
親離れの時期が近付くと、給餌の際の餌の渡し方が違って来て、簡単には渡さず受け渡しに時間を掛けて、焦らしながら引導を渡している様にも見えます。

これは追出しの3日前に撮った給餌風景です。
簡単には渡さず、焦らしている様です。
あまりにも給餌に時間が掛かり連写の許容枚数を超えたため、肝心の受け渡し場面は撮れませんでした(笑)。
e0293921_18341033.jpg
e0293921_18342356.jpg
e0293921_18343573.jpg
親鳥は餌を離さないので雛は受け取れません。
「何時までもあると思うな親と餌、早く独りで捕れる様にしなさい」・・・とでも言っているのでしょうか・・・
e0293921_18344677.jpg
e0293921_18345948.jpg
同じ様な行為を何度か繰り返しています。
e0293921_18351746.jpg
e0293921_18353073.jpg
まだ渡しません。
e0293921_18354347.jpg
何れも、PENTAX(300mm+K-3Ⅱ)にて撮影。

最後まで、ご閲覧頂きましてありがとうございました。
2つのブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので、お帰りの時に下記2つのバナーを”ポチリ・ポチリ”とクリックして、応援いただければ幸甚です。



鳥写真 ブログランキング
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村ランキング
[PR]
by Musashinosampo | 2016-06-26 21:00 | カワセミ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://msampo.exblog.jp/tb/24481277
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 蛾には見えないオオスカシバ カワラヒワの水浴び >>